iPadを格安SIMで安く使うおすすめの方法 | SIMボーイ

iPadを格安SIMで安く使おう!

このサイトは話題の格安SIMを使ってiPadを安く使う方法を紹介しているサイトです。

 

まとめサイトのようにネットでかき集めた情報を掲載するのではなく、実際に僕自身が試した格安SIMを実際にiPadで使った正直な感想を紹介しています

 

 

遊びに来てくれた方が楽しく、分かりやすく理解できるように実際の写真をたくさん使って紹介していますので参考になれば幸いです!

 

パットくん

僕たちが一緒にサポートしていくよ!
キミに合った格安SIMを見つけていこうね!

 

 

タブレ

よろしくっス!

 

MVNOや条件別に分けてるっスから自分に合った記事を参考にしてくれっス!

 

 

★今月のピックアップ★

 

現在では、2019年1月31日までIIJmioでは太っ腹なキャンペーンが行われています。

 

 

キャンペーンでは通常3,000円(税抜)の初期費用が1円に、さらに3ヵ月×3GB増量になります。

 

 

また、限定のタイアップキャンペーンでは、データ量が2ヶ月間+3GB増量されますので既存キャンペーンと合わせれば、一番小さいミニマムスタートプランでも3ヵ月は3GB8GBで使えちゃいます!

 

IIjmioタイアップページへ

 

格安SIM一覧へ

 

iPad(タブレット)と格安SIMの組み合わせは最強!

 

iPadは持ち運びの便利さ、画面の見やすさから今では通勤通学・外出先での打ち合わせ・子どもに使わせるといった色々な場面で活躍してるマストアイテムです。

 

けど、キャリアでiPadを契約するとファミリー契約でも高いですし、単体契約だともっと高い。

 

 

面倒なテザリングなしで使えるから1ヶ月思いっきり楽しみたいけど5GB分をキャリアで使うと月5,000円の経費がかかります。

 

 

タブレ

年間で6万円だから"気軽"ってわけにはいかないっスよね。。

 

 

各キャリアiPadの「○○割」もありますが、結局は「月々サポート」といった他の契約をしなければいけない。といった縛りの条件が結構あります。

 

また、iPadも同様に2年縛りがあり、契約更新月以外の解約はスマホと同じく9,500円(税抜)の違約金がかかります。

 

そんな時に現れたのが格安SIM

 

格安SIMの登場によりこれまでのiPadのデメリットが一気に消え去りました。

 

iPadを格安SIMで運用するお勧めな3つ理由

 

  1. 月額500円から運用できる
  2. 好きな時に0円で解約できる
  3. 申込みと初期設定がとても簡単

 

格安SIMはキャリアとは異なり月額500円から利用でき、不要になったら好きな時に違約金なしで解約できるのが魅力です。

 

格安SIMって初めて聞くと「難しいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、実際にやってみると初期設定ですらアプリを1つインストールするだけでとても簡単です

 

iPadを格安SIMで使う手順は大まかに3ステップ

 

  1. 格安SIMを申し込む
  2. 格安SIMをセットする
  3. アプリを1つインストールする

 

実はたったこれだけです。

 

当サイトではこれら各MVNOごとに全て実機を使って、申込み手順からAPN設定まで流れを全て解説していますので初めての方でも安心してください。

 

格安SIM一覧へ

 

iPadにおすすめの格安SIM

 

僕が実際に使ってiPadと相性が良い格安SIMは以下の5つ。

 

mineo(マイネオ)

 

CMでもお馴染みにmineo(マイネオ)。ドコモ・auプラン・ソフトバンクプランの全回線を持つトリプルキャリアに加え、500MBから30GBまで幅広い料金プランに対応しています。もちろんSIMフリー版のiPadにも対応。

 

特に注目する部分がマイネオは、動作確認端末数が業界一となっています。iPadは調べてみると「あれ?使えないんだ。。」ということが多いのですが、その点マイネオは心配ありません。

 

マイネオ公式へ

 

IIJmio(みおふぉん)

 

 

ソフトバンク回線は扱っていませんが、ドコモ・au回線を扱っており動作確認端末数もマイネオに続く多さとなっています。

 

また、最新のiOSやiPadシリーズへの対応も早くiPad Pro 2018年モデルにもいち早く対応しています。

 

その他にもデータSIMが対象になっているキャンペーンも行っており、現在であれば2018年12月3日まで当サイトとのタイアップキャンペーンも実施しています。

 

IIjmio公式へ

 

楽天モバイル

 

 

データ容量は3.1GBからになりますが、通信速度の安定感はとても満足がいく格安SIMです。キャンペーンはスマホセットの音声通話SIMの方が豊富で、データSIMがメインのタブレットにはあまり恩恵がないのが残念なところです。

 

キャンペーンは別にいいから、通信速度を重視したい!」という人にはおすすめですね。

 

楽天モバイル公式へ

 

LINEモバイル

 

 

LINEモバイルは3GB以上の「コミュニケーションフリープラン」であれば4大SNSアプリ(LINE・Twitter・FaceBook・Instagram)にかかるデータ容量がカウントされません。(1GBプランはLINEのみです。)

 

iPadでSNSアプリを頻繁に使う人であればイチ押しの格安SIMです。また1GBワンコインから始められる気軽さもありますね。

 

LINEモバイル公式へ

 

b-moible

 

 

b-mobileはソフトバンク回線を使った格安SIMになります。ソフトバンク回線を使った格安SIMは限られており、現状だとb-mobileが提供している「190PadSIM」であればSIMロック解除も必要なくSIMカードを挿し換えるだけでOKなので、ソフトバンク版iPadを使っている人にオススメです。

 

190PadSIMへ

 

格安SIMとは?

 

格安SIMを扱うMVNOはキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の通信回線の一部を借りて、その一部分をユーザーに貸し出しているのが格安SIMの仕組みになります。

 

 

その電波の一部を楽天モバイルやマイネオといったMVNO事業社が格安SIMとして一般ユーザーに提供しているわけです。

 

 

MVNO(格安SIM会社)にはそれぞれのキャリア回線がある

 

タブレ

キャリアで今まで使ってたiPadってどこのMVNOでも使えるんスか?

 

 

パットくん

SIMフリー版のiPadはどこでも使えるけど、キャリア版のiPadはそれぞれ同回線の格安SIM会社を使うのが基本だよ。

 

 

MVNOはそれぞれ決まったキャリア回線を使ってるので、基本は同回線の格安SIMを使う形になります。

 

例えば、ドコモ版のiPadを格安SIMで使う場合はドコモ回線を使用しているMVNOを利用すれば、SIMカードを交換するだけですぐに使えます。

 

 

ドコモ系のMVNO
楽天モバイル、マイネオ(Dプラン)、LINEモバイル、DMMモバイル、IIJmioなど

 

au系のMVNO
マイネオ(Aプラン)、UQモバイルなど

 

ソフトバンク系のMVNO
LINEモバイル、b-moible、マイネオ(Sプランは9/4より開始)

 

MVNOレビュー一覧へ

 

iPadで格安SIMを使うのはとても簡単

 

格安SIMが初めての人は「なんか難しそう。。」「面倒くさそう。。」が先に来てしまいがちですが、使い方はとっても簡単です。

 

スマホと違ってMNP乗り換えもといった面倒な手順もありません。

 

届いた格安SIMをiPadに挿し、たった1つのアプリ(構成プロファイル)をインストールするだけで格安SIMライフがスタートします。

 

 

タブレ

初めてのオイラでも5分くらいで簡単にできたっスよ

 

 

パットくん

アプリ1つインストールするだけだもんね!

 

実際にiPadと格安SIMを使った初期設定は「APNの設定方法」で解説しているから参考にしてね!

 

iPadで使う格安SIMは「データSIM」

 

 

格安SIMには通常090/080の通話機能がある「音声通話SIM」とインターネット回線専用の「データSIM」の2種類があります。

 

iPadには通常通話がありませんので、データSIMを選択します。

 

タブレ

一応、iPadでもLINEやfaceTime、Skypeなどを使えば通話はできるけど、オイラの周りで使ってる人は見たことないっスね〜

 

 

格安SIMを申込む時、ほとんどの格安SIM会社は「端末+SIMカード」「SIMカードのみ」の2種類があるので、「SIMカードのみ」を選択しましょう。

 

 

また、iPadでデータSIMを使う際は「SMSなし」を選択します。SMS機能については「データSIMのSMSありとSMSなしってどう違うの?」で詳しく解説しています。

 

初めての方でも間違わないように実際の申込み手順をMVNOごとに全てレビューしていますので、そちらも合わせて読んで頂くと本番の時迷うことなくスムーズに申込めますので是非参考にしてください。

 

MVNOレビューへ

 

データSIMは最低利用期間がない!

 

最低利用期間」とは、キャリアでいう「縛り期間」みたいな物になります。

 

格安SIMの音声通話SIMにはキャリアのような「この期間中に解約もしくは、他社へMNP乗り換えしたら違約金が発生しますよ。」という最低利用期間がありますが、データSIMにはこの最低利用期間がありません

 

タブレ

それじゃ好きな時にいつでも0円で解約できるってことっスか?

 

 

パットくん

そーなんだよ!不要になったら好きな時に0円でいつでも解約できるよ!

 

キャリアみたいに縛られないから助かるよね!

 

 

違約金0円で好きな時にやめられる

 

これが格安SIMの一番の醍醐味になりますね!

 

格安SIMなら月額1,000円で3GB使えるよ!

 

iPadを格安SIMで運用すれば月3GB使っても月額1,000円ほどで使うことが可能です。

 

パットくん

僕も2017年1月から使ってるよ!
キャリアよりも全然安いよね!

 

 


初月は事務手数料が含まれます。)

 

楽天モバイルを見てみる

 

 

タブレ

オイラはLINEモバイルの1GBプランだからもっと安く使ってるっスよ。

 

 

LINEモバイルは1GBから利用可能なので気軽に外出先でもiPadを楽しむことができます。

 

 

 

タブレ

LINEモバイルは3GB以上のプランならLINE・Twitter・FaceBook・Instagramのアプリにかかるパケット通信量はカウントフリーで使えるのが特徴っス。

 

LINEモバイルを見てみる

 

キャリア版のiPadでも同回線の格安SIMならSIMロック解除不要だよ!

 

タブレ

そーいえば、キャリア版のiPadってSIMロック解除しないと格安SIMって使えないんスか?

 

 

パットくん

冒頭でも少し触れてるけど、同じ回線を使ってるMVNOならSIMロック解除しないでも使えるんだよ!

 

 

上図のように例えばドコモ版のiPadであればドコモ回線を使っている「楽天モバイル」や「IIJmio」であればSIMを挿し変えてAPN設定をすれば使えます。また、マルチ回線の「マイネオ」であれば申込み時に「Dプラン(ドコモプラン)」を申し込みます。

 

パットくん

au版もソフトバンク版も同じように同回線の格安SIMを使えばSIMロック解除なしで使えるよ!

 

au版のiPadに関しては同回線でもMVNOによって一部SIMロック解除が必要なシリーズもあります。
【関連記事】 au版iPadを安く使いたい!

 

タブレ

SoftBank版のiPadだって、いまはソフトバンク系の格安SIMがあるからSIMロック解除しなくても使えるっスよ

 

 

ソフトバンク版のiPadも数は少ないですが「190PadSIM」や「b-mobile S 開幕SIM」を使えばSIMロック解除なしで簡単に使えます。

 

確認しておきたいMVNOの「動作確認端末一覧」

 

タブレ

となると、iPadって同回線ならどのMVNOでも使えるんスか?

 

 

パットくん

SIMフリー版のiPadならほとんどの格安SIMは使えるけど、キャリア版の場合は各MVNOの「動作確認端末一覧」をチェックすると間違いないよ!

 

 

全てのiPadが格安SIMで使えるのか?といったらそうではありません。

 

各MVNOごとによって使えるiPadのバージョンが異なります。そんな時は格安SIM会社の「動作確認端末一覧」で自分が使いたいiPadはちゃんと使えるのかを確認してから申込みましょうね。

 

 

今ではどの格安SIM会社でも目立つところに設置されているので簡単に自分のiPadが使えるか確認ができます。

 

↓ ↓

 

 

当サイトでは同回線のiPadが使えるMVNOに絞ってレビューしています。個別にレビューもしていますので更に詳しく知りたい方はレビューを参考にして頂ければ幸いです。

 

MVNOレビューへ

 

中古のiPadを購入する時は確認しよう!

 

もちろん中古品のiPadでも格安SIMの利用は可能で、初期費用も安く抑えられるのがメリットですが、その場合は「アクティベーションロックは解除しているのか?」「赤ロムではないか?」と幾つか確認する箇所があります。

 

タブレ

ヤフオクとかメルカリで買っても大丈夫っスか?

 

 

パットくん

ポイントを押さえておけば心配することはないから大丈夫だよ!

 

 

中古品のiPad購入に関しては別ページの「iPadの中古品を買う時の注意点」でまとめていますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。

 

格安SIMのキャンペーンについて

 

 

格安SIM選びの基準になる1つが「キャンペーン」かと思います。

 

ただ、本来データSIMは月額料金がとても安く使えることもあって、データSIMが対象になっているキャンペーンを扱っているMVNOはもの凄く少ないのが現状です。

 

タブレ

ほとんどが通話SIMとか、スマホ本体とのセット購入が条件になっている所が多いっスよね

 

 

パットくん

キャンペーンが全くない訳じゃないんだけど、注意しておかないと気がつかないことが多いかもね!

 

 

当サイトでも、貴重なデータSIMのキャンペーン情報はトップページでも掲載するようにしていますので、タイミングが合った時は狙っていきたいですね!

 

現在では、2018年12月3日までIIJmioでは太っ腹なキャンペーンが行われています!

 

 

「3つのオプションお得に使おうキャンペーン」では通常3,000円(税抜)の初期費用が1円に、さらに大容量オプションやWiFiオプションなど大人気のオプションが割引価格で利用可能です。

 

 

また、「当サイト限定タイアップキャンペーン」では、データ量が6ヶ月間+3GB増量されます。

 

IIjmioタイアップページへ

 

トータル金額を抑えたいならAndroidのSIMフリータブレット

 

トータルコスパを安く抑えて格安SIMを使いたい!」という人は、Androidタブレットを使うのも1つの手段です。

 

 

Androidタブレットの初期設定はiPadと異なりますが、こちらも一度通しでやってしまえば後は簡単です。

 

パットくん

端末価格も1万円台からあるから、パパやママもお財布に優しいよね!

 

 

Androidタブレットもレビューがありますので是非参考にしてくださいね。

 

Androidタブレットへ

 

格安スマホ初心者に特化したサイト

 

格安スマホ解体新書

 

こちらは話題の格安スマホ(格安SIM)に特化した姉妹サイトになります。

 

iPadを格安SIMで使う時はSIMカードを挿し込み初期設定をすれば完了とシンプルな手順ですが、格安スマホだと「キャリアからどうやって乗り換えるのかわからない」「スマホの場合は何処のMVNOを選べばいいの?」という初心者ならではの疑問に特化しています。

 

解体新書も全て僕自身が使ったことがある格安SIMのみを紹介しており、人気の「楽天モバイル」も実機を交えて解説していますので、格安SIMに興味がある方はぜひ参考にして頂ければ幸いです!

 

格安スマホ解体新書へ

更新履歴